ストックで膝痛を軽減

ストックの利用で負担を軽減

山登りで一番負担がかかる体のパーツは、どこかといいますと腰でもなく、足でもなく、実は膝なんです。

 

膝というのは足が動くためだけでなく、地面を踏んだ時の衝撃を吸収するクッションの役割をしています。

 

ところが、坂道の上りや下りは膝に非常に負担がかかります。

 

階段とは異なり、足が接地する箇所が平らではないため、負担がかかるのです。

 

その為登山をする時に、膝痛を訴える方が多くいます。

 

特に下りは、上りに比べて膝の負担がかかるだけでなく、体の疲労度合いが大きいために痛みを感じる方が多いのです。

 

そんな登山の膝痛対策に、有効的なのがストックを利用することです。

 

ストックとは、左手と右手両方で使用する、長い棒みたいなものです。
スキーのストックと似たような構造をしています。

 

この使用方法は、歩く時に踏み出す足の前にストックを地面につけて、
踏み出した足が離れる前にストックの先を離すようにして歩きます。

 

単に、2本の棒を交互に使用するだけですが、実は、膝に掛かる負荷は約半分ほどになります。

 

もし、貴方が膝に関して不安があるもの山登りの膝痛を気にしたくないのならば、ストックを利用して登山すると負担が減ります。

 

 

山登りの下りで負荷を軽減する秘密兵器関連ページ

山登りの膝痛対策
山登りで膝に負担がかかる原因の一つ自分に合っていない靴を履いていることがあります。
筋肉を鍛える
山登りでは足腰や膝への負荷が掛かり続けますので、支える筋肉を鍛えることが最も重要となります。
ストックのダブル使い
初めは荷物になるし面倒だったのですが、下りでストックを使ってからは、私の登山での必須アイテムとなっています。
つま先をまっ直ぐにする
膝に負担をかけないために普段の生活からつま先の向きをまっすぐにして歩くなど気を付けるべきことがあります。