登山でストックのダブル使い

下りのストックで膝痛を防ぐ

今は子育て中のため山登りは、お休み中です。
山登りは幼稚園のころから、よく父に連れられて行っていました。

 

今でこそ<山ガール>などと言われオシャレなファッションアイテムも揃うそうですが、
私が山登りをしていた頃はブカブカのメンズサイズしかなく色も地味な色ばかりでした。

 

山登りにはトラブルがつきもの、中でも下山時の膝痛はツライです。
そこで私のオススメは<ストックのダブル使い>です。

 

父に連れられて行っていたころからストックは必須アイテムでした。
「荷物になるとわかっていても、棒だけは忘れるな。
下山時に絶対必要になる。」とよく言われていました。

 

そんな父の言葉を忘れ「ストックなんて荷物になるし〜登るときいらない」なんて思って一度持って行かなかったことがありました。

 

想像通り、最悪でした。

 

特に膝に痛みが来て、本当に下りるのがツラくて、この痛みが永遠に続くのかというくらい、本当に無事下りてきたときの記憶がないほどに痛かったです。

 

それからはストックは私の必須アイテム。
膝に体重をかけるのではなくストックに頑張ってもらう。

 

という下山方法で膝にトラブルなく下りてこれました。

 

 

ストックのダブル使いが登山での膝痛対策です関連ページ

山登りの膝痛対策
山登りで膝に負担がかかる原因の一つ自分に合っていない靴を履いていることがあります。
山登りの秘密兵器
登山では下りの時に大きな負担がかかることで膝などのトラブルがおきますが、それを経験するための秘密兵器がストックです。
筋肉を鍛える
山登りでは足腰や膝への負荷が掛かり続けますので、支える筋肉を鍛えることが最も重要となります。
つま先をまっ直ぐにする
膝に負担をかけないために普段の生活からつま先の向きをまっすぐにして歩くなど気を付けるべきことがあります。