登山初心者の膝痛防止

無理なペースで膝に負担を掛けないこと

初心者が登山で経験するつらいことの一つに膝がガクガクと笑うトラブルがあります。

 

初心者が膝痛になりやすい一番の原因は、自分のペースがわかっていないことです。

 

無理なペースで移動したり張り切り過ぎで歩いてしまうと、
知らず知らずのうちに膝に負担がかかる歩き方をしてしまうので注意が必要です。

 

正しい歩行姿勢が身についていないのも、膝への負担になりやすい原因の一つです。

 

大股で移動すると膝が一直線に伸びてしまい、膝のクッションがなくなり負荷が大きくなってしまいます。
ひざが十分に曲がる余裕のある歩行姿勢を保ってください。

 

ひざに装着するサポーターやテーピングなどは、
正しい歩行姿勢を補助し衝撃を軽減するのに効果を発揮します。

 

慣れないうちは登山を開始する前に、膝を保護するためのグッズを装着してから登山に挑みましょう。

 

杖やステッキは、登山中に体を支えるのに大きな助けになります。下
り坂でも安定して歩くことができるので、膝痛になりやすい下山時の膝への負担を軽減できます。

 

痛の笑いが少ないうちに適切な処置をすることで、症状の悪化を防げます。コールドスプレーやシップなど、
消炎効果のあるグッズを携帯して、違和感を感じたら早めの治療を心がけましょう。

 

登山の初心者向け膝痛防止法を紹介しています関連ページ

ウォーキングで膝が笑う
健康によいからと勧められてウォーキングを始めましたが膝がガクガクと笑います。なんとか改善して登山に行けるよう頑張ります。
膝が笑うのを防ぐには筋力強化
山登りで膝が笑うなどトラブルに悩まれる方も多いようですが、基本は正しい歩き方と筋力効果が一番です。
膝トラブルを初めて経験
社会人になってから山登りをする機会は無かったのですが、初めて膝のトラブルを経験してしまいました。
下山時は膝の負担に注意!
山は登る時は元気でも下山の時に膝をに負担がかかり痛めることが多いですので特に注意してください。
山登りの後に感じる膝の違和感
高尾山が好きでよく登るのですが、途中では大丈夫なのにあとから感じる膝のガクガクや違和感が辛いです。