山登りの後に膝に違和感

登った次の日に膝がきます

私は高尾山に登るのが結構好きでよく登っています。

 

もちろん他の山にも登りますが、頻度が高いのは高尾山でもあります。

 

登っている最中はなんてことなく、
下山時も特には体のどこにも痛みを感じたりはしないのですが、
次の日になると必ず膝痛に悩まされたりします。

 

しかも、おうちの階段の上り下りをするのが苦痛な程の辛い痛みだったりするのです。

 

ほかの部分の筋肉痛はよくある普通の筋肉痛だったりするのですが、
膝のガクガクは普段は感じない感じでもあり結構つらいので
膝全体にサロンパスをぺったりと貼って一日を過ごすようにしています。

 

サロンパスの効果は結構なもので、
一日焦らず張り続けていると痛みが自然と消えていってくれたりするので
とっても助かるアイテムでもあるのです。

 

多分、体重の重みが一気に下山時に膝に負担となってかかってきてしまい
次の日に膝が悲鳴を上げてしまっているとは思うのですが、
高尾山くらいの山だと当日にはこないで次の日にダメージがくるのです。

 

痛いけれど大好きな登山はやめられず、
きちんと自分の膝のケアもかかさないでずっと登っていきたいものです。

途中では大丈夫でも山登りの後に感じる膝の違和感がつらい関連ページ

ウォーキングで膝が笑う
健康によいからと勧められてウォーキングを始めましたが膝がガクガクと笑います。なんとか改善して登山に行けるよう頑張ります。
膝が笑うのを防ぐには筋力強化
山登りで膝が笑うなどトラブルに悩まれる方も多いようですが、基本は正しい歩き方と筋力効果が一番です。
膝トラブルを初めて経験
社会人になってから山登りをする機会は無かったのですが、初めて膝のトラブルを経験してしまいました。
下山時は膝の負担に注意!
山は登る時は元気でも下山の時に膝をに負担がかかり痛めることが多いですので特に注意してください。
初心者向けの膝痛防止法
登山の初心者が経験することの多い辛い膝痛ですが、正しい歩き方で膝への負担を軽減することで防いでください。