登山 膝痛

私のグルコサミン感想体験記。膝痛を予防できるの?

山登りの膝痛

先ずはグルコサミンと出会ったきっかけを書いてみます。

 

週末になると山登りやキャンプ、冬はスキーと外で遊ぶことが好きな50代です。
日頃の運動不足と年のせいか色々とガタが出始めたようで、膝の痛みが頻繁出るようになって来ました。

 

体力に自信が有ったのですが、筋力低下と増えた体重に膝が悲鳴をあげています。下りは山登りの基本に忠実にゆっくりと膝に負担がかからないように注意して歩いてはいますがダメですね。

 

諸先輩方には、正しい歩き方と膝を支える筋肉を鍛えるようにと言われますが、体重の増加を抑えるので精一杯な状態です。私の場合は山登りと言うかハイキングですので筋トレも続きません。

 

このままでは、目標としている富士登山が危ぶまれます。

 

そんなある日、実家に帰った時のことです。
テレビCMでよく見るグルコサミンがあるではないですか。話を聞いてみると既に半年くらい飲み続けているとのこと。

 

最近、自分もギシギシすることを伝えると
「試しに1瓶飲んでみなさい」と、もらって帰ったことが始まりです。

 

親って有難いですね。早速飲み始めたのですが、数日後からギシギシする感じが減ったように感じました。2週間くらい飲んだ頃だったでしょうか、筑波山に行ったのですが、いつもの痛みはありませんでした。

 

このサプリが効いている確証はありませんが、続けてみる価値はありそうなので、膝によさそうな成分を少し調べてみました。

 

有名なのはグルコサミン、関節の動きをなめらかにする成分で、コンドロイチンが軟骨の生成に働くそうです。ほとんどのサプリはこの2つを主成分に作られています。

 

2つの成分とも食事からは摂りにくいためにサプリが人気なのですね。

 

更に調べると、もう1つ重要なのがヒアルロン酸、膝痛の手術で直接注入したりしますが、軟骨を保護して高い保水力が特徴です。

 

なんとグルコサミンはヒアルロン酸の構成要素の一つで単体では機能できないのだそうです。コンドロイチンもヒアルロン酸がないと体内に留まれないのですね。年齢が上がるほどにヒアルロン酸の重要性が高まるようです。

 

膝痛に理想的なサプリは、ヒアルロン酸が配合されているサプリなのですが、グルコサミンやコンドロイチンと比べ製造が難しく値段が高いのがネックと言えそうです。

 

 

>>オススメのサプリはこちら

 

 

その後の私はというと、昨年の夏に富士山に登ることができました!

 

前日にあまり寝れなかったことが影響し、9合目くらいで軽い高山病に
義弟に引き返すことも勧められましたが、しばらく休憩し復活でき、無事に登頂できました。

 

下りはメンバーみんな懸念していた痛のトラブルもなく快適でした。これも事前に始めた運動とヒアルロン酸やグルコサミンのおかげかなと思っています。